ネイティブ講師の質の高さ

勉強する子供

同じ講師に学べる教室を

現在では中学生からではなく、小学生から英語を学ぶ傾向にあり、子供は英語教室に通い割合も増えています。小学生の英会話教室の選び方として、講師となる先生の質はとても重要です。いきなり講師の質を見極めるのは簡単ではないですが、外国人講師の場合は、どれくらい日本で教えているかを質問します。学ぶのは日本の中ですし、日本人の小学生ですから、外国人講師がどれくらい日本で英語を教えた経験があるかどうか、経験値を知ることは必要です。外国人講師は大人を教えることもあるでしょうが、実際に小学生に教えた経験があるかどうか、よく話を聞いてみます。子供は変化に敏感ですし、元気な反面で環境や人に関わることに、かなりナイーブな面のある存在です。英会話スクールの講師は、通常の小学校などの教員のように、数年勤務する人よりも、数ヵ月で交代する人もいるので、長く勤務をしている講師が在籍をしていたほうが安定しています。年間で何度も講師が変わるスクールでは、子供の英語学習にはあまり良い影響があるとは言えないので、できるだけ同じ講師に学べるスクールを選ぶことです。子供たちのことを考えても、同じ講師に長く習い続けることができる環境を、学習でも整えてあげることが大切だと言えます。講師が日本人の場合ですが、日本人ではいけないことはないですが、若干ボキャブラリーにかけたり、発音もやはりネイティブにはかないません。小学校の英会話教室選びでは、ネイティブな英語を操れる、外国人講師が在籍していると、子供の英語力も伸ばしやすくなります。