外国語教育を早期に受ける

女の子

授業で行う目的

英語を早いうちから学ばせることで英語力、ひいてはコミュニケーション能力を高めようと小学生のうちから学習させてきた人もいるでしょう。これからは小学生に教科として英語を学ばせることになります。教科になることでテストを行い、成績をつけられることになります。そのため特に中学受験を考えている親にとって無視できなくなってきます。小学生のうちら学校で英語を学ばせる理由は英語に慣れ親しんでもらうことや社会人になってコミュニケーションを取りやすくするためなどがあげられます。企業が優秀な人材を外国から受け入れたり、企業内公用語を英語に統一したりする流れが加速していることも影響しています。小学生の段階で学習し始めることで中学生以降の学習につながりやすくする目的もあります。小学生を持つ両親にとってどのように対処すればよいか悩まれる方もいます。英会話教室に通わせたり、専用の教材を用意したりされることも検討されるでしょう。しかし、英語が必修化、教科化されることにばかり目を向けていてはその本当の目的、必要なことを見失いかねません。こうした流れはあくまでもコミュニケーション能力を高めてもらうための一環として行われているため、仮に優秀な成績を収めたとしても意思疎通がうまくできないのであれば意味がありません。教科化されることだけに目を向けず、自分の子供に何を身に着けてもらいたいかを考えて学習してもらうことが大事です。