低学年から塾に行こう

男の子

中学の英文法をスムーズに

「子供に英語を習わせたい」と思っている親は多いのかもしれません。そこで気になるのは、いつから習わせ始めればよいのかということです。赤ちゃんのうちから英語を日常的に聞かせることは効果的で、まるで母国語のように話すことができるようになる可能性もあります。 しかし、この方法には弊害が生じる可能性があります。赤ちゃんの頃は、まだ日本語もはっきりと話せない状態であるため、赤ちゃんの日本語の習得が疎かになってしまう可能性があります。 そこでオススメされているのが、小学生になってから英語に触れてみるということです。2008年から、小学生に対する英語の授業が行われるようになりましたが、対象となるのはほとんどが5・6年生です。小学生にもなると日本語が確立されてくるため、英語を習わせたからといって、日本語が不自由になることはまずないでしょう。中学生になると、英文法や英文読解の授業が本格的に始まります。中学校の授業で習う内容とはだいぶ違いますが、小学生のうちから英語に触れることはとても大切です。小学生のうちは、いきなり英文法から習うと、英語に対して嫌悪感を抱いてしまう可能性があります。そのため、はじめは英語に慣れ親しむことを目的とした塾に行くことをお勧めします。そこでは友達もでき、また、ゲーム感覚で英語を楽しむことができます。そして、十分に慣れ親しんだところで、英文法や英文読解を学べる塾に通えば、小学校の中学年くらいから英文法の勉強をすることができるようになります。このことによって、中学校の英語の勉強に大いに役立てることができます。楽しみながら英語学習ができるよう、大人がサポートしていきましょう。